【日本酒古酒の世界】2012.11.17

☆釀す世界は味噌醤油以外にも、日本酒造りがあります。その日本酒にも古酒のジャンルがあり、今回、古酒との出会いがあったので、紹介させていただきます。写真の達磨正宗ブランドは、岐阜県の白木恒助商店・天保6年(1835年)の古酒です。11/16に東京の日本酒造会館で開催された「熟成古酒の会2012」に私も参加して、四年熟成豆みそをPRさせていただきました。その時に達磨正宗の女将さんもメインで出品されていて、写真の1976年、1979年のビンテージを有料試飲することができました。36年と33年のビンテージを飲み比べできる機会は稀です。33年は大吟醸の古酒で色にも深みがありますが、味もとてもまろやかで深い味わいでした。新酒の搾りたても美味しい日本酒ですが、古酒という世界も昔から伝統を引き継いでいるのです。詳しくは達磨正宗さんのHPを参照ください。

 

http://www.daruma-masamune.co.jp/index.html